温泉旅行

温泉旅行へGO!

                温泉旅行で癒しのひと時のへようこそ
         
            日本人はお風呂好きとよく言われますが、みなさんは如何でしょうか? 

              日本には3000ヶ所をこえる温泉地があるそうです。いってみたいですよね。

              温泉旅行先で大きなお風呂に入って、綺麗な景色を眺めるのはやっぱりいいものです

              家庭のお風呂では味わえない開放感がありますよね。普段の日常から少し離れ自然を満喫しすると

              ストレスからも開放され心身ともに癒されます。

              そんな温泉旅行の魅力やおすすめスポットの紹介をしていきます。どうぞごゆっくりご覧ください。

           

温泉旅行大好きな私ですが、普段はなかなか

行けず休日はもっつぱら

スーパー銭湯に行っています。


でもやつぱり、たまにはストレス解消!

心と体のリフレッシュ!したいですよね。



大自然に触れ、おいしい空気をいっぱいすい、

美味しいものを食べ、ゆっくり温泉につかる。

温泉旅行の醍醐味です!

そんな旅行の計画をたてるだけでも

気分がワクワクしてストレス解消してしまう

なんて人も多いのではないでしょうか


また旅行先についての歴史や特徴などの知識を深めておくとよりいっそう

楽しめるものです、少しでも皆様の旅行の計画のお役に立てれば嬉しく思います。

温泉旅行にいくなら電車派でしょうか?それとも車派ですか?


電車の良いところは、まず渋滞が無いことそしてお酒が飲めることがいいですね!

また電車内で食べる駅弁が美味しいしトイレの心配もないし

眠くなったら電車で寝ればいいですし車窓からの風景を見ていても楽しいです

時間通りに着くので予定がたてやすく運転手が疲れないのがよいです

せっかく体を安めに行っているのですから逆に疲れてしまっては可愛そうです。


電車の悪いところは、旅行の荷物を持ったままの電車の乗り換えが面倒ですね

また車が無いと現地での観光がしにくい場合があります。


車の良いところは、車があると観光に便利ですし電車やバスの時間を

気にすることなく自由に行動できます。

また観光中は荷物を車に積んでおけるので楽です。

酒を飲まず、運転好きなかたには最高ですね。



車の悪いところは、やっぱり渋滞による疲労ですかね、腰痛のある方にはきついです。

あと交通事故ですね、電車のほうがやはり安心感はあります。

まあ人それぞれ好みがありますので楽しく温泉旅行ができればよいのではないでしょうか。


あと最近温泉旅行に行くためのお小遣い稼ぎでFXを始めました

やってみると楽しいのですがもちろんリスクもあります
きちんとした資金管理をしてレベルを上げていきたいですね。

口座開設や基礎を勉強したければ FX 初心者 始め方 など、こんな感じの入門サイトが
たくさんあるので参考になります。




ちなみに温泉にはきちんとした定義が有り、

さまざまな効果があります。


意外と知らない正しい入り方やマナーも

あります。
<温泉の定義>


温泉と呼べるのは地中から湧出する温水で、

次のうち1つ以上を満たしている物をいいます。   

1 湧出時の源泉温度が25℃以上であること。

2 1kg中の溶存物質(ガス以外)が1000mg以上であること。

3 1kg中に温泉法で指定されている物質1つ以上について、

  それぞれの物質ごとに設定された基準値以上の成分を含んでいる。


<温泉の効果について>


(その1)化学的な効果

温泉の中に含まれるガスやイオンなどの化学成分が入浴することによって皮膚から

吸収され、温度や泉質にもよるが皮膚や筋肉や細胞そして神経系などにも

作用します。また飲泉によって免疫力を高めたりします。

詳しくは各地の分析書の掲示板をご覧ください。


(その2)温熱の効果

温度によって体に対する反応は変化します、42℃以上の熱い湯では血圧、

脈拍、体温が上昇して交感神経を活発にします、胃腸の働きや食欲が抑制され、

体がシャキッとします。37〜39℃のぬるい湯では副交感神経が作用しゆっくり

入浴することで精神的リラクゼーション効果があると言われています。

(その3)水圧の効果

肩までお湯に浸かると水圧によって数センチ胸囲、腹囲が縮みます。横隔膜が押し

上げられ肺が小さくなるため呼吸数が増加し心肺機能の強化になります。

しかし心肺機能に障害をもつ方は負担が大きいので半身浴のほうが良いとされます。

(その4)浮力の効果

お湯に浸かると体重が地上の10分の1程度となり体の重さからの解放感がある。

また体に負担をかけずに運動がでるためリハビリなどにも効果的です。

(その5)環境による効果

普段の日常生活とは違った地特有の自然環境にいることで

ストレスから開放され身体に良い影響を及ぼします。


<温泉の正しい入り方>
        
(1.かけ湯をしましょう)

温泉に入る上でかけ湯は、温度に身体を慣らすために必要で欠かすことが

できません。かけ湯をせずに冷えた体のまま熱いお湯の中に入ると血圧が急に上昇

してしまう為、大変危険です。


かけ湯はつま先から胸へ、心臓から遠い順に10杯程度お湯をかけて体を慣らしていく

のがコツです。最後に頭にもお湯をかけることで、湯から上がるときの立ちくらみの

予防にもなります。


特に気温差の激しい冬場や温度の高い温泉では、かぶり湯をしてください。

また、かけ湯をすることは身体の汚れを落とすとゆう面でマナーにもなります。   


(2. 半身浴で体を慣らしましょう)

かけ湯が終わったらゆっくりと、腰までつかってください。 湯舟の中では全身に

かなりの水圧がかかります、半身浴は水圧が低いので当然心肺への負担が少なくなり

温度や水圧の急な変化に体を慣らすことが出来ます。

体が弱っている人、心臓や肺が弱い人は全身浴より半身浴のほうがよいでしょう。


(3. 長湯はしない)

ぬるま湯での半身浴や寝湯であれば長くつかっていても構いませんが、

特に熱い湯での長湯はかえって体に悪いですし湯冷めしやすくもなります。


特に高齢者や血管等に障害のある方は血圧と心拍数が急に上昇するので

注意が必要です。1日に3回ぐらいまでを限度として入りましょう。

せっかく温泉旅行に来たからといって、無理をして入りすぎないようにしましょう。


また、食事の直前・直後の入浴も避けましょう。

お酒を飲んだ後の入浴はとても危険です一番事故が多いので止めましょう。


(4. お湯からあがるときは)

「あがり湯」としてシャワーを浴びて出てきてませんか?肌には温泉の成分がまだ残って

いるので、肌の弱い方や刺激の強い温泉以外では、シャワーで洗い流さないほうが

薬効成分が薄れずによいでしょう。


入浴後は気分は快適でも、旅先では自分で思っている以上に体は疲れている

ものです。 水お茶、スポーツドリンクなど水分も十分に補給してください。

30分以上はゆっくりと休憩をとりましょう。



<入浴時のマナー>


(1)タオルを湯船につけないように

   しましょう。

(2)体や髪は洗い場で洗いましょう。

(3)石鹸の泡をしっかりと落としてから

   湯船に入りましょう。

(4)洗い場で洗濯はやめましょう。

(5)浴室で使用したものは次の人の

   ためにかたずけましょう。

(6)水やお湯を大切に使いましょう。


 人に迷惑をかけずにみんなで気持ちよく

 温泉を楽しみましょう。



<温泉用語集>

(温泉療法)

温泉に入浴したり、または飲泉することによって疾病の治療をすることをいいます。

温泉水や天然ガス、蒸気、また泥や砂などの物質、

さらには温泉地の気候要素を含めて医療に利用すること。

実際には、温泉につかるだけでなはく、

温泉を飲む飲泉、運動療法、マッサージ、食事療法なども取り入れて行われています。

ヨーロッパではさらに進んでいて、温泉は行楽より医療として認知され保険適用もされています。


(飲泉)

温泉を飲むことを言いい温泉療法のひとつです。

飲泉は泉質により飲み方に注意する必要があります。

湯口にコップが置いてあれば基本的に飲泉しても問題はないでしょう。

「この温泉は飲めません」と表示がある場合は止めた方が良いでしょう。

(時間湯)

古くから草津温泉に伝わる独特の入浴法、

草津のお湯がたいへん高温のために定められた入浴方法です。

時間湯は現在も行われていますが、草津温泉でも限定された浴場で、

一定の定められた時間に湯長(ゆおさ)の掛け声に従って入浴が行われ、

自分勝手に入ることは許されないので、時間湯と言われているそうです。

(温泉たまご)

鶏卵を沸騰水よりも低い温度で茹でたもので、黄身は固まっているが、

白身が固まっていないもの。80℃前後で15分程度茹でたり、

65〜68℃程度の湯に30分程度浸けておくことできる。

卵白と卵黄の固まる速度と固まる温度の違いからこのようなものができる。

温泉地の旅館などで食卓にだされることが多く、

「温泉たまご」の名で呼ばれるようになったようです。


(あつ湯)

文字どうり熱い温泉の事です。日本人向きのお湯の温度は習慣的にあつ湯と言われています。

42度以上の温度は心臓病、動脈硬化、高血圧症の人や

老年層の方には負担が大きいためお勧め出来ません


(岩盤浴)

温泉につかる一般的な温泉の利用法とは異なり、火山帯などの地熱で

温まった天然石の上に横たわり体を温める利用方法です。玉川温泉が有名です。

(砂風呂)

砂風呂とは、海岸に湧出する温泉のことで50度に加熱された砂の中に

浴衣をきたままで首から上だけを出して温砂で全身を埋める入浴方法のことです。

有名な砂風呂として指宿温泉の砂蒸しがあります。

時間は初心者で15分、慣れていても30分程度にするのがよいそうです。

なんと温泉の3倍の効能があると言われ、砂の圧力により大量の汗をかくことで

体内の老廃物が排出され、美肌効果もあります。

効能としては、神経痛・関節痛・筋肉疲労・肩こり・腰痛・五十肩・運動麻痺・

胃腸・慢性消化器病・疼痛・慢性婦人病・冷え性・痔病・慢性皮膚病・などが一般的です。


(鉱泉)

ガス成分や無機物質を多く含むものを「鉱泉」といいます。

鉱物成分・ガス・放射性物質などを一定量以上含んでいる湧き水の総称です。

一般に、水温25℃以上のものを温泉、未満のものを冷泉とする。


(湯治場)

読んで字のごとく「温泉地」で療養する土地のことです、古来から日本では病気を癒したり、

痛みをやわらげたりするのに温泉の湧き出るところを療養地として利用してきました。


(湯の華)

湯の華とは、温泉中の固形成分が沈殿したもの、硫黄泉、塩類泉に多く、

多くの温泉で名物として売られています。温泉の中に混じる天然の温泉成分のことです。





 温泉旅行で癒しのひと時〜TOP

 まずは 箱根温泉へ

 いいお湯 草津温泉

 鬼怒川温泉へ行こう

 よく行く 熱海

 万座温泉へ行こう

 伊香保温泉へ行こう

 群馬県 水上温泉

 山形県 蔵王温泉

 宮城県 鳴子温泉

 北海道の登別温泉

 大分県 別府温泉

 兵庫県 有馬温泉

 岐阜県 下呂温泉


 プロフィール 





 相互リンク


 
相互リンク募集中です


 E-mail

 
までご連絡お願いします










TOP〜温泉旅行で癒しのひと時
Copyright (C)  All Rights Reserved